CVT故障車でも買取してもらえる!

CVTが故障して困っている人の画像

CVTが壊れてしまって修理代が高いから売って乗り換えしたい!けど、これって買取してもらえるの・・・・?ちゃんと売れるの?

 

結論からいうと、仮に故障していたとしても買取は可能です。車の一括査定サイトを利用することにより、必ずその車を買い取ってくれる業者を見つけることができます。
一括査定サイトを利用すれば、インターネットで一気に値段をチェックすることが可能です。それぞれディーラーなどを尋ねてみても良いですが、それではとにかく時間がかかりますよね。
⇒無料一括査定はコチラ

 

また、ディーラーを訪れて査定金額を出してもらったとしても、そこで購入したいと思える車が見つからなければ意味がありません。また、車を買い取ってもらう場合は複数の場所で査定金額を出してもらってから売却する、というやり方が一般的ですので、それぞれの場所を尋ねていたら時間がかかってしまいます。

 

その一方で、一括査定サイトであればどの業者も車を買い取るために競争しますので、必ずその車を買い取ってくれる業者が見つかるのです。最近は誰もがインターネットを使っていますし、一括査定サイトであれば24時間利用ができます。

 

いずれにせよ、CVTが故障し、これを機に車を買い替えたいと思ったとしても、修理をしてから売却する、などという事は考えてはいけません。修理しない状態で車を売った場合、多くは20万円から30万円で売れると考えられます。

 

しかし、それに対して事前に修理した上で売却してしまえば、修理だけで30万円から40万円を支払うわけですから、修理した後に車を売ったとしても手元にお金が残りません。

 

仮に壊れていない車であれば40万円で買い取ってくれると言われたとしても、修理代金として30万円支払っていたら、手元にはほとんどお金が残りません。それに対し、修理しないで車を売却すれば20万円から30万円で車を得ることが可能になります。

 

また、修理せずに売却した方が良いという理由の1つには、売却された車は車よりも部品に価値があることも多く、CVTが壊れていてもあまり関係がない、という事実が挙げられます。例えば走行距離が多い車であれば、そもそも査定額が付きません。

 

しかし、特にエンジンなどの部品にはかなり価値がありますので、車が売却できるのです。言い換えれば、CVT故障していたとしてもエンジン等には何の影響もなく、そもそも車としての価値がないわけですから、敢えて修理する必要がないといえます。

 

 

 

その一方で、当たり前ですが、買取店などに故障した状態の車を持っていけば「CVTが壊れているから値段はあまりつかない」と言われるでしょう。

 

買取店などは出来る限り安く車を買い取ろうとしますので、このような弱いところを突いてきます。買取店であれ、ディーラーであれ、中古車店であれ、それはどこも同じです。車を安く買い取って高く売ろうとする傾向があるからです。実際にそのような場所に車を持っていっても簡単に高く売る事はできません。

 

だからこそ、インターネットの一括査定がオススメなのです。一括査定はお互いの買取店がお互いの金額を見ながら買取額を決めますので、車を買い取るために少しでも高いお金を出そうとします。24時間利用が可能ですから、ぜひ一括査定を利用してみてください。20万円から30万円程度でその車が売れるでしょう。
⇒無料一括査定はコチラ

 

CVTの故障原因

メーカーはCVTには100,000キロ程度の耐久性があると主張していることが多いですが、50,000キロを超えた時点で何かしらの不具合が生じてくる可能性が高いと考えられています。

 

 

そもそもCVTってなによ?

 

CVTの内部画像

無段変速機(むだんへんそくき)、または連続可変トランスミッション(れんぞくかへんトランスミッション、Continuously Variable Transmission、CVT)とは、歯車以外の機構を用い変速比を連続的に変化させる動力伝達機構(トランスミッション)である。多くはオートバイや自動車用を指すが、それらに限らず工作機械の軸回転速度を変える機構や発電機の出力を変える機構[1]などにも広く使われている。

引用:wikipedia

 

故障原因には様々なものがありますが、もっとも多い原因はベルトの摩耗、あるいはベルトに接触するプーリーの摩耗だと考えられています。金属ベルトが軽い摩耗を起こし、その粉塵がベルトに詰まってしまうことによって故障することがあるのです。

 

また、走行距離が多くなるとその金属ベルトが伸びてしまう可能性もあります。そのベルトが切れてしまった、ということで故障する場合もあります。また、粉塵のみならず油圧系のものが詰まってしまうこともありますが、いずれにせよ、ほとんどがベルトによって引き起こされる状態になります。

 

新車だから大丈夫、などとは考えない方が良いでしょう。たとえ新車であったとしても、運転をしているときに異様な音が聞こえる、いつもとは違った振動がする、などという場合は注意が必要です。最近は燃費を良くするためなどにCVTを搭載した車が多いですので、気をつけなければいけません。

 

むしろ、新しい車の方がひどい状態になっている、などというケースも指摘されています。新しい車であったとしても修理ができず、CVT本体を交換しなければいけないということもあります。

 

CVT故障の症状

CVTに何かしらの問題がある場合、その症状や不具合は音だと言えるでしょう。最初は、車の底から機械的な音が聞こえてくる場合が多いです。そしてそれは新車であっても関係ありません。シャリシャリ、ガリガリ、といった小さな音が聞こえてきたらCVTに何らかの異常が出ている可能性が高いです。

 

走行する上では何の問題もないため、音以外の違和感はないと思言われています。ただし、その音はかなり違和感がある音だと考えられますので、もしもいつも聞こえない音が聞こえる、などという場合はCVTが故障しているかもしれないという可能性を考えた方が良いでしょう。

 

また、例えば

 

・発進時にノッキング現象が起きる
・振動がいつもより大きい
・特に暑くなるとミッションの調子が悪くなる
・ギアが空回りする
・走行している時や発信する時にミッションが滑ることが多い
・バックに入れにくい、あるいはバックに入らない
・高速や低速では今までよりもパワーが出ない
・マフラーから煙が出てくる、走行中に車が止まってしまったことがある
・走行中に前輪がいきなりロックしてしまったことがある
・特に坂道で発進する時に大きな振動が起こる
・停止直前にエンジンブレーキが突然弱くなる

 

という状態が起こっている場合、CVTが何かしらの不調を起こしている可能性があります。

 

気づかずに過ごしてしまうと大事故に発展してしまう可能性もありますので、今までと違う、何らかの違和感を覚えた場合はすぐに修理工場などで確認してもらう必要があります。

 

車を走行している時、車の下から機械的な音が発生する、ということが最も大きな症状だと考えられています。最初は違和感がなかったとしても、ベルトが伸びたり摩耗したりしてしまうとその音がどんどん大きくなり、運転手にとっては結構なストレスになると言われています。そのため、何か音が聞こえると感じたらすぐに対処することが重要です。

 

CVTが故障する前兆

CVTの故障の前兆は何といっても異様な音だといえます。音が小さなうちに対処できれば、比較的安い金額で交換することも可能になります。その一方で、音が大きくなってしまった状態では完全な故障となってしまい、車を買い換えた方が安い、という状態になる可能性も考えられます。

 

特に走行距離が長くなった場合、それなりにベルトが摩耗している可能性が高まりますので意識しておいた方が良いでしょう。年間走行距離が多い、過激な走行を行っている、などという場合はCVTの寿命を縮めてしまう可能性があります。

 

車の下の方から音がし始めたらCVTに異常が出ている可能性が高いですが、やはり違和感のある音がする、アクセルを強く踏んだ場合にモーター音のような音が聞こえる、発進時に振動が起こりガガッという音が聞こえる、アクセルを踏み込んだ時に回転数が上がる、などという症状が出た場合、これは故障の前兆かもしれないと考えた方が良いでしょう。

 

また、普段からメンテナンスを行っていない車も注意が必要です。車検等は義務付けられていますので誰でも点検を受けますが、普段、何か車に違和感を覚えても何もしない、時間がなくてメンテナンスを行っていない、などという人の場合、CVTの状態が悪化してしまうことも多いです。

 

CVTが故障した場合、修理では済まない、本体を取り替えなければいけないというひどい状態になってしまったものの中には、「メンテナンスをしていれば防げたのではないか」というものも多いと考えられているのです。

 

CVTの修理、交換費用は15万円〜40万円

その一方で、気になるのが修理費用ですよね。実は、気づいたときにはCVT状態がかなり悪くなってしまっており、修理では済まない、交換しなければいけない、その値段を考えると車を買い換えた方が良い、という選択肢を迫られる人も少なくありません。できれば交換しなければいけないとなる前に修理したいものです。

 

もちろん、メーカー保証やディーラー保証などが適用するのであれば、その保証を利用するべきです。しかし、ほとんどの人は保証期間が過ぎてから問題を抱えるケースが多く、その高額な修理費に頭を抱えてしまう、という状態になります。

 

まず、修理をする場合は新車ディーラーに修理をしてもらう、整備工場で修理をしてもらう、あるいは中古部品で修理してもらう、という選択肢があります。ディーラーの場合、基本的に壊れた部分は交換されてしまいますので、当たり前ですが値段が高くなってしまうと考えられましょう。そのため、もしもディーラーで修理したいと考えるのであれば、下取り金額を高くしてもらうということでプラマイゼロにすることも可能です。ディーラーに依頼した場合、交換は30万円から40万円になることが多いです。

 

少しでも安くしたいと思う場合、街の整備工場にお願いしてみましょう。この場合、交換でも30万円程度で済むことが多いです。

 

 

 

最も安く済ませたいと思うならば、中古部品を購入して街の整備工場などで依頼をすると良いでしょう。ディーラーの場合、中古部品の交換は基本的に受け付けてくれませんので、自分で中古部品を購入した後は街の整備工場などにお願いすることが必要になります。うまくいけば、15万円程度で抑えられる可能性があります。

 

ただし、この場合は中古部品がいつ壊れるかわからないなどというリスクもありますので、あまり推奨はされません。また、中古部品を安く購入したとしてもそれを整備工場などに持ち込めば手数料などもかかりますし、思ったよりも高くなってしまうことがあります。その上でどれくらい長持ちするかわからない、すぐに故障してしまうリスクがある、などということであれば、この方法はあまり安全だとは言えません。

 

もしも修理をしたいと思うのであれば、整備工場にリビルトパーツで直せないかどうか聞いてみても良いでしょう。これは部品を一度オーバーホールし、新品同様に組み直したもの、という意味であり、定価の3割から4割で購入が可能です。

 

中古ではありますが、中古品になりますので安全ですし、自分で中古品を購入して取り付けてもらうよりも信頼できます。もしもこのようなリビルトパーツ修理することができれば、15万円から20万円程度で修理が可能になりますから、いちど問い合わせてみると良いでしょう。

 

また、車種によっては修理だけでも50万円、100万円という金額になってしまう場合もあります。その場合は車の乗り換えを考える人が増えてきます。また、高い値段を指定してくる整備工場などもありますので、どうしても納得できない金額を言われた場合は他の整備工場で査定をしてもらっても良いかもしれません。複数の工場で値段をチェックし、1番良いと思えるものを選ぶことも重要です。

 

しかしその一方で、安ければ良いというものでもないということを覚えておきましょう。